セラピストの一歩一歩

リラクゼーションセラピストの不安、失敗、悩み、あるあるネタです。

筋肉系!リラクゼーションセラピスト2級対策!

こんにちは!riekoです。

ご訪問ありがとうございます。

今月、リラクゼーションセラピスト2級を受けます。

すでに、受験したスタッフに傾向と対策をききながら、コツコツと勉強しています。

私が、勉強を始めようとすると必ずしてしまうこと、それは

 掃除です。(最近、家の中がキレイ)

 

さて、

記憶の定着にはアウトプットがいいので、学んだことをまとめたいと思います。

以下、リラクゼーションセラピスト検定2級テキストを参考にまとめています。

 筋肉のコリとハリ

筋肉のコリとハリについては、お客様からもよく聞かれます。

悪い姿勢、同じ姿勢を続けることによって、血液の流れが悪くなり、筋肉がこわばります。局所的なこわばりのことをコリといいます。筋肉の長さは同じなので、コリがあることにより、全体的に柔軟性が低下すること、これをハリといいます。

なので、いくらハリ部分をほぐしても、コリをほぐさないとほぐれないんですね。

筋肉の役割

筋肉の役割は、

運動…収縮により、骨格を動かす。

体温…収縮により、熱を生み出す。

筋ポンプ…収縮により、血液の流れを促す。

 

収縮することで、力を発揮するので、凝り固まっていては充分に力を発揮できないことがわかります。

 

筋肉の構造

f:id:riekosannoblog:20180705172443p:plain

筋肉は複数の筋繊維が結合組織により束ねられたものです。

筋原繊維(中にはアクチン、ミオシン

筋繊維、筋細胞(中には①筋原繊維、ミトコンドリア、核)筋内膜で包まれている。

筋束(中には、②筋繊維、筋細胞)筋上膜で包まれている。

 

筋肉は、マトリヨーシカのようになっている。

テストに出そうだけどややこしい。

漢字でイメージするとわかりやすいです。

 

線維<筋繊維、筋細胞<筋<筋肉

                   筋膜<筋膜<筋

 

 筋肉の分類

骨格筋…全身の筋肉 自分の意思で動かせる随意筋。収縮機能あり。

平滑筋…内臓の「壁」。自分の意思で動かせない不随意筋。(胃とか内臓)

収縮機能なし。

心筋…心臓の筋肉。自分の意思では動かせない不随意筋。収縮機能あり。

ラソンなどのスポーツは心筋が発達して、大きくなり、心拍数も少なくなるそうです。一度の心臓の動きで沢山の血液を送り出せるようになるため、少ない拍動でいいのだそう。マラソンの高橋選手の安静時の心拍数は30回っ!!!一般成人では60〜70といわれているので半分!!!!

 

f:id:riekosannoblog:20180705174910j:plain

私は66/分でした。超普通だ!ランニングしてるのにな😂

 

筋肉の補助装置

筋膜…筋肉の表面を包む膜。筋肉の保護と動きの円滑化。

滑液包…滑液を滑膜で覆った関節内のクッション。(かかと)

腱鞘…滑液包が腱を取り巻いたもの。腱が骨から外れないように留めておくクリップのようなもの。(指先)

種子骨腱と骨の摩擦を防ぐためのもの。(膝)

 

※靭帯は筋肉の補助装置ではない。

 

テストに出そうな筋肉予測①(背面)

筋肉の作用、起始停止はボリュームがありすぎて暗記は諦めモードです。

テストに出そうな筋肉、普段の施術で活かせる筋肉を中心に覚えることにしました。

起始停止もざくっとイメージでっw

 

f:id:riekosannoblog:20180705172647j:plain

 

⚫︎僧帽筋(首から背中を覆う筋肉、肩こり筋 )

作用…肩甲骨を上げる、寄せる、下げる。

起始、停止…頭の後ろと背骨(頚椎〜胸椎)から、鎖骨と肩甲骨までについている。

 

⚫︎広背筋(背中を覆う一番面積の広い筋肉、背中、肩甲骨、肩の動き)

作用…腕を背中側に引く。腕を内側にひねる。

起始、停止…7胸椎から骨盤の後面、肩甲骨の下先、肋骨の下部と広い範囲から上腕骨の前面までついている。

 

⚫︎中臀筋(立ったり、歩いたりする時に骨盤を安定させる。)

作用…股関節を外側に開く。軸足側の骨盤を安定させる。股関節を内側にひねる。

起始、停止…骨盤から大腿骨まで、股関節を外側から覆うようについている。

 

⚫︎臀筋(頑張ってるランナーはここがお疲れ。)

作用…股関節を伸ばす。股関節を外側に開く。股関節を内側に閉じる。

起始、停止…骨盤から、大腿骨と腸脛靭帯まで、股関節を包み込むようについている。

 

⚫︎ハムストリングス(膝の曲げる筋肉)

半腱様筋、大腿二頭筋、半膜様筋

作用…膝を曲げる、伸ばす。

起始、停止…坐骨から脛骨、腓骨の上端までついている。大腿二頭筋の短い方は大腿骨後面から腓骨までついている。

 

⚫︎下腿三頭筋(引き締まったふくらはぎ)

腓腹筋、ヒラメ筋)

作用…足首を伸ばす、膝を曲げる。

腓腹筋

起始、停止…大腿骨からかかとの骨まで、膝関節と足関節をまたぎます。

ヒラメ筋

起始、停止…脛骨、腓骨上部からかかとの骨までついてます。

 

テストに出そうな筋肉予測②(前面)

⚫︎三角筋(肩、腕を動かす筋肉)

作用…腕を前に上げる。腕を後ろに上げる。腕を横に上げる。

起始、停止…肩甲骨の突起と鎖骨の外側から上腕骨の外側まで肩関節を包み込むようについている。

 

⚫︎前鋸筋(肩甲骨を押し出すギザギザ筋肉)

作用…肩甲骨の上部、下部を前に押し出す。

起始、停止…第1〜9肋骨のの側面から肩甲骨の内側までついている。

 

⚫︎腹直筋(シックスパック)

作用…肋骨と骨盤を近ずけ腰を丸める。

起始、停止…恥骨から第5〜7肋骨までついてる。

 

⚫︎大腿四頭筋(大腿直筋、中間広筋、内側広筋、外側広筋)

作用…膝を伸ばす。股関節を曲げる。

起始、停止…大腿骨の前面から膝のお皿、脛骨の上端、骨盤の前面から膝のお皿、脛骨の上端

    

次回は、骨、関節について勉強します。

 

kokoneriko.hatenablog.com