セラピストの一歩一歩

リラクゼーションセラピストの不安、失敗、悩み、あるあるネタです。

首・肩こり セラピスト検定2級対策

こんにちは。riekoです。

訪問ありがとうございます。

リラクゼーションセラピスト検定2級に向けて勉強しています。

今回は一般臨床(p82〜)首、肩コリについてまとめていきます。

 

リラクゼーションセラピストは医療、治療行為はしません(できません)ので診断したりすることはないですが、お客様との会話で、「腰椎すべり症で…」とか、「四十肩になって」とか出てきます。施術において注意しないといけないことが、すぐにわかるようにしっかりと学んでいきたいと思います。

 以下 、リラクゼーションセラピスト検定2級テキスト「リラクゼーションの基礎知識」を参考にしています。

テキストは一般財団法人日本リラクゼーション業協会のHPから購入できます。

http://www.relaxation-net.jp/exam/order

f:id:riekosannoblog:20180713203641p:plain

首・肩こり

約70%のお客様が首・肩のお疲れです。

肩こりは病名ではなくて首、肩、肩甲骨周辺の慢性的なコリのことで、

頸肩腕症候群」といいます。

 

首肩のお疲れのお客様は殆どが首、腕も凝っているかた多いので、なるべく腕の手技も入れるようにしています。

首・肩こりの種類

肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)

加齢に伴う肩関節まわりの動きが悪くなり痛みやこわばりがある。

(内旋、外旋ができない、腕が上がらないとか)

40代〜50代にかかることが多いので四十肩、五十肩と言われている。

 

私、30代ですが…四十肩なりました。。涙

整形外科の先生には、痛みがある程度ひいたら積極的に動かしましょう!まだ若いんだから落ち込まないで!わっははは…と豪快にアドバイスいただきました。関節内のことなので、ほぐしても変わらないけど、周囲の筋肉をほぐすことによって楽になるそうです。私の場合は、小円筋、三角筋をほぐすとずいぶん楽でした。10ヶ月経ちますが、違和感がまだあります。長期戦です。

 

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)

肋骨と鎖骨の間が狭くなり、腕をあげたときに血管や神経が圧迫されておこる症状の総称です。(手先の痺れ、冷え)

 

変形性頚椎症(へんけいせいけいついしょう)

加齢に伴い頚椎が変形して、内部の神経が圧迫される症状です。

 

頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばん)

椎間板ヘルニアが頚椎にあらわれたもので、頚椎をつなぐ椎間板の隋核がはみ出し、脊髄や神経を圧迫することで痛みや麻痺が起こる状態です。

 

「ヘルニアしたんだよね」と言われたら、首のストレッチや前屈、背中を丸める動作は気をつけるようにしています。

 肩こりの原因

①ストレス

②筋肉疲労

③悪い姿勢、同じ姿勢

①②③により血行が悪くなり、老廃物が蓄積され、筋肉がこわばり、痛みとなります。

 

首肩こりの原因もよくお客様の聞かれるので、しっかり答えられるといいです。

kokoneriko.hatenablog.com

kokoneriko.hatenablog.com