セラピストの一歩一歩

リラクゼーションセラピストの不安、失敗、悩み、あるあるネタです。

自分の施術でお客様を満足させられるか?セラピストの不安

こんにちは。RIEKOです。

訪問ありがとうございます。

 

先日、先輩セラピストが施術したお客様がお帰りの際に、

「すごく気持ちがよかった。え?なんで腰が痛くなくなってるんだけど‥体がこんなに軽いのはいつぶりだろう。本当にありがとうございました!」と、目をうるうるさせて仰っていました。

お客様はよほど感動されたのか、フリーの飛び込みだったにも関わらず、「指名料を是非払わせてください。」と指名料1000円を置いていかれました。

 

私は、施術でお客様を満足させられるだろうか?

 

新人に限らずセラピストの永遠の課題だと思います。

自分の施術は自分では体験できないのですから、もどかしいですよね。

自分の体で確認できたらいいのにどんなにわかりやすいか‥。

 

その先輩は、どんなお客様でも必ず来店目的を聞いています。

 

ラクゼーションがはじめてのお客様は、

どんなことをするのだろう?

ボキボキされたら嫌だな‥

など多少なりとも不安と期待があるかと思います。

 

お客様の来店目的は、

とにかくほぐしてほしい。

足のむくみをなんとかしたい。

ラソン大会前に体をほぐしておきたい。

ストレッチをしてほしい。

どこが疲れているのかわからないけどとにかく辛い。

など、お客様によって違います。

 

施術中には、

「この辺り痛くないですか?」

「こっちの方が響きますか?」

「物足りないところ、もっとほぐしてほしいところはないですか。」

「●●の方が硬いですね。」

など、お客様とコミュニケーションを取りながら、体の現状を伝えつつお客様の感覚と希望を聞き取りして施術をされています。また、必要に応じて、お客様の希望に沿ったコースや時間の提案をしています。

 

これ、基本的なことをことですが、意外と出来ていないです。

主訴をほぐして、手順通りに施術をしてしまっていることがあります。

このくらいほぐせば(触れば)いいだろう‥という「だろう施術してます。

私、だろう施術してます。

 

先輩から

「満足かどうかはお客さんの主観だから、満足させたいならお客さんに聞くしかない。お客さんの感覚と指の感じを、一つ一つ積み重ねることにより、指の感覚が付いてくる。施術中は体だけじゃなく頭も使ってるんだよ 笑」と笑顔でアドバイスいただきました。

 

ちなみに、先輩は中年の男性でちょいワル親父な風貌です。

ですか、話しかけやすいオーラが常に出ていて頼りになります。

そして、かなり勉強家です。新しい知識や疑問に思うこと熱心に勉強されています。

性格は人それぞれですか、話しかけやすい空気も、リラクゼーションセラピストを続ける上で必要です。

 

私も頑張ろー!!

筋肉についての雑学を増やして会話に役立てたいなーっと読んでいる本があります。

いつもながら、イラスト多めの本です。笑

 

東京大学教授〉石井直方の新.筋肉のまるわかり大事典です。

1ページに1つQ &Aが載っていて、全部で100個あります。

どのページからでも読み始めることが出来るので、パラパラめくってと興味があるところだけ読めます。勉強嫌いな私でも読めています。

 

RIEKOさんの仕事が楽しくなるおすすめアイテム

 メジャー付きボールペン

 

最後までお付き合いいただきありがとうござました。